もみほぐしに期待できる3つの効果と注意点

2022年09月03日
マッサージ

こんにちは!新宿マッサージ店、星の下LOUNGEです☆

一般的に心身の不調を改善するリラクゼーションでは、コリを指で押したり揉んだりする「もみほぐし」を行っています。

揉んでもらうと、とっても気持ち良くて、肩や腰が軽くなったな~!という人もいることでしょう。

もみほぐしをした後の体の中では、何が起こっているのか、もみほぐしを受ける際の注意点とともに解説します。

もみほぐしに期待できる3つの効果

マッサージ

実はもみほぐしには、明確な定義はありません。あえていうならば、整体やリフレクソロジーなどと同じく、国家資格ではない民間資格者による施術のことです。

よって、やり方や他のメニューとの組み合わせなどはお店によってさまざま。指圧マッサージなどと同義的に解釈しているお店も多いようです。

では、もみほぐしにはどんな効果が期待できるのでしょうか。

筋肉の弛緩

もみほぐしはその名の通り、筋肉を揉んだりほぐしたりすること。固まった筋肉を緩めることで、肩や腰のコリを改善する効果が期待できます。

マッサージ

血行促進

筋肉が緊張して固くなると血管を圧迫するので、血行が悪くなってしまいます。もみほぐしによって筋緊が緩むと、血管が拡張するので血行促進効果がもたらされます。

特に筋力の弱い女性は下半身に血液が滞るため、むくみがちです。ふくらはぎや足裏をもみほぐすことで、全身に血流が回ります。

ストレス軽減

もみほぐしは、心地良いものです。子どもに肩を揉んでもらい、気持ち良さを感じたことがある人もいるでしょう。

実は人には、自分の体温と近い温度のものに触れると緊張が緩むという性質があります。泣いている赤ちゃんを抱っこすると泣き止みますよね。この原理が働いているからです。もみほぐしもこれと同じです。

もみほぐしを受けるときは揉み返しに注意!

マッサージ

もみほぐしにはさまざまな効果が期待されていますが、場合によっては揉み返しが起こる可能性があるので注意が必要です。

揉み返しとは、もみほぐしなどのマッサージを受けた後に、もんでもらった箇所が痛くなったり、かえってコリが強くなったりすることです。

人にはもともと、1人1人に合った刺激量(ドーゼ)があります。それを越えてしまうと筋繊維が傷つき、かえって痛みが強くなったり、コリがひどくなったりするのです。

マッサージ

基本的にもみほぐしは民間資格による施術なので、技術力に大きな差があります。施術中は気持ち良くても、数日後に揉み返しが起こることも十分ありえます。予測ができないからこそ、対処が大変でもあるんです。

心配な人は、施術前に弱く揉んでもらったり、時間を短くしてもらったりしてみてください。

揉み返しについてはこちらの記事からも!
マッサージ後の揉み返し。原因と対処法、予防策は?

星の下LOUNGE、9月のキャンペーンです!

キャンペーン

ご予約はお電話、ホットペッパービューティからどうぞ
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000498839/